レアンドロ・エルリッヒ展

森美術館で開催中の「レアンドロ・エルリッヒ展」に行ってきました。

大型のインスタレーションから映像まで、錯覚や音の効果で、わたしたちの常識に揺さぶりをかけます。
一見どこにでもある見慣れた風景の中の異様な光景・・・。今回は、エルリッヒの四半世紀にわたる活動の全容を紹介する、世界でも過去最大規模の個展でだそうで、新作を含む44点の作品、その8割が日本初公開の作品。

普段、見えている・わかったつもりになっていることも、自分が少し見方をかえれば新しいワクワク感が動きだす♪
惰性や習慣、既成概念や常識などが取り払われて、曇りなく自分の目で見る感覚を思い出させてくれる展覧会でした。
体験できる作品が多かったので、難しく考えず頭を空っぽにして作品を身体で感じてみても、心に残りそうだと思いました。
金沢21世紀美術館の《スイミング・プール》の作家さんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【森美術館】
レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル
2017.11.18(土)~ 2018.4.1(日)
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53F
会期:2017年11月18日(土)~2018年4月1日(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

関連記事

  1. 「小鳥のキモチVol.6」に「とりめがね」を掲載いただきました♪

  2. とりめがね

  3. 神戸ヨガイベント「文具と紙と暮らし市」

  4. 横尾忠則美術館とカラピンチャ

  5. 小鳥作家の手作り雑貨市

  6. ふくろうの缶バッジ

ご予約

最近の記事